毎日温泉に入りたい♨︎

見た物や買った物、投資についてを書いてますヽ(* ॑꒳ ॑* )ノダァーッ!!

Dr.ストレッチ 更に回数を重ねてみたのでレビュー(〜24回目)

この記事は24回目までの感想になります

 

前回からの変化

5回目以降担当スタッフの固定と、施術時間を90分にしていました。

これは変化と効果を感じやすくするためです。

目論見はある程度当たり、前屈をした時調子が良いと指の付け根まで行くようになり、固い状態から少しずつですが成果は出ていました。

人選

担当選びは正直感覚な所が大きく、やってもらった人の中で気になっている所の力加減が良さげな人にしました。

効果で言えば正直別の人が良かったのですが、早い段階で他店に移動していたので結果オーライでした。

個人的な感想ですが上半身と下半身など部位で力量が異なるように感じました。またそのお店の店長さんは漏れなく上手いです。

60~90分やってもらうため、必然的に話をする必要が有りますがココも選ぶポイントになると思います。これは趣向の世界なので理髪店と同じで話をするのが好きな人と嫌いな人で別れるのかなと。

停滞期突入

初めていった時に言われましたが、前屈をした時手のひらがベタッと床に着くまでには、ある一定点から結構時間がかかるそうです。

指先が着くようになってから指の付け根が着くまでで数ヶ月要していたのと、ここから変化が無いです。

これは週1回の施術ではここが限界なのだろうなと言うところと、セルフストレッチもっと真面目にやれという事なのでしょう。

ただ支払っている金額は決して安く無いため、ここでの停滞は非常にもどかしいです。

特に下半身はガチガチに固いのと、私はエンジニアのため屈強なデスクワークなので効果が出にくい気がしてます。

担当の退職

私を担当していた人が独立するそうで最近退職されました。

会社なので移動や退職は多々あると思いますがこれが結構めんどくさいです。

というのも個人的には新しく担当してもらう人を探したいのですが、ここからまた当たりを引くまで色んな人にやってもらい続ける必要があるのです。

私は結構気を使ってしまうタイプなので、当たりを引いて指名してしまうとそれまでやって貰った人に悪い気がしてならないです。

画一化されたサービスとはいえ施術する人間により内容や効果が異なるのと、私のパーソナルデータは無いのでこの期間は効果が望めなくなる可能性が高いというのもマイナスです。

ちなみに以前は3人に施術してもらったのですが、内2人当たりで1人退職1人別店舗移動という状態で、残り1人に対しては若干気が引けています。

まとめ

前回までと違い今回はべた褒め出来る内容では無いです。

理由は停滞期に入っている事と、新たに担当を探すのが思っているより手間という事ですね。

サービス自体は悪く無いと思いますが、頑固な硬さの自分の体が悩ましいorz...

  

以前のレビュー

前回から更新間隔が空いてしまいましたね。

JOYFIT24を退会したこれだけの理由

利点と特徴

3〜4年前からJOYFIT24という24時間営業しているジムに通っていました。

この手のジムの良い所は

・24時間営業しているため思い立ったらすぐ行けるという所と、

・月額料金が比較的安い所。

私は何事も自分で調べて自分を実験台として実践するタイプなので、他人にとやかく言われない環境というのも非常に望ましかったのです。

普通のジムだとそこが一種のコミュニティになっていて、スタジオプログラムは常連が幅を利かせていたりと上手く溶け込めなかったりします。
営業終了時間に制限があると夜は常に混んだ環境というのも嫌ですね。

そういった他人の目を気にしなくて良いという所や、混雑を避けられる臨機応変さも良い所だと思います。


難点と特性

・ジムスタッフとしてのスタッフの存在意味が余り無いという事。

基本的にここのスタッフは圧倒的にアルバイト主体で構成されています。

全く器具の使い方を知らない人であれば参考になりますが、基本的には事務手続き要因、またはマシン整備要因と考えたほうが良いと思います。

トレーニングの指南ができるほどのスタッフは居ないと考えたほうが良いです。

これをカバーするために、最近はパーソナルトレーナー(別料金)を雇い入れているようなので興味があればそちらを利用しても良いと思います。

 

・料金が割安のため社会常識の低い人がチラホラいる

個人的にはこれが1番意外でした。

店舗によるためその地区の民度に比例します。

スマホを数十分単位で弄っている人や、水素水サーバーの他人のストック分を勝手に利用している人(契約しているか不明)。

夜間〜深夜帯をメインで利用している人は使い終わった後に器具を拭かなかったり、一般的に施設利用所作が出来ていない人が多くいました。*1

また大学生らしき若年層がグループ利用してたりするのもたまに見かけましたが、ここは基本的にグループトレーニング禁止です。


・セコムのセキュリティーがダメ

館内に防犯用のブザーなどがあるため、前述の通り挙動のおかしな人がいた場合の対応としてこれは良いと思います。(防犯意識に関してはJOYFITはちゃんとしてると思います)

ここからはセコム側の問題なのですが、

館内放送などで「何かあった場合セコムが直ぐに駆けつけます」という事を言っていますが、これは嘘です

1度だけあった事象なのですが、私が24時頃にジムから帰宅しようとした際、入退館システムが意図せず落ちたようでジム内に閉じ込められた事があります。

当然誰もおらず自分だけだったので、館内の電話からセコムにコールしましたが繋がるまでに15分掛かりました。

急な体調不良なら間違い無く死んでます

しかも間違えて警報を鳴らしてしまったので電話が繋がった際に疑われる始末(笑)。

下手したら死んでると思うとともに、非常にルーズなやり取りにイライラしたのを覚えています。

向いている人

帰宅が遅いが体を動かしたいと考えている人
(時間に囚われたく無い人)

自分で調べてトレーニングを行える人

向いていない人

自分で調べることが出来ない人
(器具の使い方や効いている箇所など逐次聞かないとわからない人)

社会常識やモラルが低い人


退会した理由

私が退会した理由はシステム的な所と自分の不注意の合わせ技です。

JOYFIT24というお店は全国どの店舗でも利用する事が可能です。

しかし、60日間の間で利用頻度の高い店舗に強制的に移籍させられてしまうという制度があります。

これは店舗ごとに月額料金が異なるためです。

都内だと都心とそうで無い店舗で1000円以上の差があります。

私は環境を変えるためにオープンしたばかりの店舗に1ヶ月ほど行っていました。

しかし程なくして倦怠期に入ったため、その後1ヶ月程行かなくなりました。

これが良く無く、株式会社ウェルネスフロンティア(JOYFIT)から自宅宛てに利用頻度の高いのは契約店舗では無いという事を知らせるハガキが届きました。

これに抵抗するように直ぐさま契約していた店舗に通い直しましたが、時すでに遅く、しばらくして「利用頻度の高い店舗に移籍します」という内容のハガキが届きました。

正直私が入会した4年前にはこの「移籍」という制度がきちんと説明されていませんでした。

この当時は会員を増やす施策を打ち出し、その一環として何処でも利用できますという事を全面的にうたっていたからです。入会時近隣店の紹介をされたのを良く覚えています。

自分の不注意もありますが理不尽だなーと思いつつ、減量の成果も出し切り、丁度飽きていたので都合の良い辞めどきだったと思います。

退会に際して

ちなみに退会するには契約した店舗に直接訪れて、退会したいという事をスタッフに伝えます。(WEBや電話は無いです)

強制的に移籍が発生した場合、ハガキが来たタイミングでシステム的には既に契約店舗を退会した事になっており、

移籍先の店舗で退会手続きを行う必要があります

私はこれに引っかかり、移籍前に辞めようと思い契約店舗を訪れましたが、2つの店舗を渡り歩く羽目になりました。

 

備考

スタッフの対応はその人個人に依存してしまうため、店長クラスになれば素晴らしい人もいますが、言及するほどでなは無いかなと思います。

参考として書きておきますが、毎月全店舗異なる入会キャンペーンを行っている事もあり格安で入会できますが、反面6ヶ月以内に退会すると違約金を払う必要があるので注意が必要です。

 

*1:一番面白かったのは明け方来て寝ている人がいるというクレームがあったこと

【投資】勝ち負けの投資対象傾向

勝ち負けの傾向を調べた面白い内容の記事を見つけました。

勝ってる人は、コツコツ&手堅い投資好きが鮮明。
保有資産では国内REITが16.8%と高く、勝てない人(6.5%)を大きく上回る。また、積み立て投資を行っている人の割合も、勝てない人の25%に対し、勝ってる人は36%と11ポイントも高かった。

もう一つ、顕著な差が出たのは投資の勉強時間。勝てない人は、ほとんど勉強しない人が約3割。勝ってる人は約7割が週に1~2時間以上勉強していた。

やはりなという印象でした。

自分が投資を始めた時に手堅く始めるならこれといった内容が勝っているパターン。

投資先は投資比率が顕著、J-REIT長期保有向けですかね。

f:id:peko-the3rd:20180817095403j:plain

勝ってる人は先進国株投信の保有が多く、ここ3年間の世界株高の恩恵を享受できています。

勝てない人はFXが目立ちハイレバのため大勝ちが狙える半面、失敗した時の損失も大きくなりやすい。

負けてる人は高リスクの取引で損失を重ねた可能性が高いようですね。

これを見ていても、投資先を適宜学習し高配当やバリュー株を長期投資して、着実に連勝を重ねている感じが手堅く勝手いく近道な気がします。

 

f:id:peko-the3rd:20180817094259j:plain

参考URL : https://style.nikkei.com/article/DGXMZO33778270T00C18A8000000 

【投資】分配金お目当の投資は中々難しい

色々調べていて、やはり投資信託だけで安定した分配金報酬を得る事はかなり難しいという当たり前の結論に帰着しています。

分配金を支払う多くの投信がたこ足配当をしているという事と、

それを承知で投資したとしても、高配当ファンドの殆どが信託期限を2023年前後に設定しているため、今から投資する事自体が得策では無いからです。

資金が超潤沢で1千万とかポーンと購入出来るのであれば別だと思いますが…

とは言え投信周りの投資で行くなら個人的にETFかなと。

 

1566 - 上場インデックスファンド新興国債券(上場新興国債) | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

特にEFTの1566は分配金利回り6%前後あります。

5%を超える配当利回りを見込めるETFがほとんどない状態で、6%を超える新興国債券ETFは貴重です。

ただリターンが高いということは、もちろんリスクも高いです。

特に、投資先の国々が、戦争や紛争、経済破綻、政治的な問題などが見受けられる国のため、多くの懸念点が思い浮かびます。

株価が大幅に下がったら追加投資し、配当利回りが5%を切ったら追加購入はしない感じで持ち続けるのが良いのでは無いでしょうかね。

トルコリラショックで過去最低値を下回っているので買い時とも言えますが、通貨安のため配当にも響きます。

 

ついでに

1677 - 上場インデックスファンド海外債券(FTSE WGBI)毎月分配型(上場外債) | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

長期で見ると上下の波がありますが先進国債券で分配利回り3%と中々です。

分配金利回りは3%前後のため1566の半分ほどですが、ここは基準価格が高く売買単位が10口からのため少額投資が出来ません。

また日々の出来高が薄いため、安心して投資が出来るか微妙な所。

 

更についでに1555

1555 - 上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT)(上場Aリート) | ETF(上場投資信託)|日興アセットマネジメント

が豪州関連のため米国の影響を比較的受けにくく安定しているのでは無いかと。

ただし、豪州は景気情報など情報収集し辛いのがネックですね。購入単価が安いので適宜購入しやすいですが、分配金の支払いは隔月です。

 

しかしETF購入の1口あたりの金額が結構でかくてあれですね(笑)

積み立てるにしても、勢いつけてやりたいんですが心理的に来るんだよなー

1566は2018年07月10日決算で1口当り48,256円なので、しばらくの間毎月1口づつ買い続けても良いかなと思っています。

表示できる期間の限界チャートだと底値到達といった感じなので、賭けで一気に10口くらい買ってみても面白いと思いますが、ETFノーマークだったので用意が無いという悲しみ。

手玉が無いので安定している1555を定期的に購入し、1566が値下がりしたタイミングを見計らって指値で購入していく感じが手堅そうです。

といってる間に1566の購入が確定していました(笑)どうなるやら見ものです。

Presented by「瑣末な問題」

【投資】トルコリラショックによる下落

〔マーケットアイ〕外為:トルコリラ17円台回復、中銀が声明発表 | ロイター

せっかくの休みだというのに気分の良くないニュースですね。

トルコリラが8月10日、対米ドル対円で一時20%以上下落。

13日になっても過去最安値を更新中。

対円相場でも、1トルコリラ=15円台まで急落していました。

現在も安定してないです。

トルコリラが急落した背景を見るに、

どうやらECB*1が「欧州の大手銀行がトルコ向け債権に対する懸念を強めている」と言った事に対して

トランプが「我々とトルコの関係は現在よくない」とツイート。トルコから輸入する鉄鋼とアルミニウムにそれぞれ50%、20%の追加関税を課すと表明。

さらにトルコのエルドアン大統領が、演説で「枕の下のドル、ユーロ、金を銀行でリラに両替すべき、ドルがわれわれの道を阻むことはできない。心配無用」と述べ対米強硬姿勢を強める発言をしました。

かつてのギリシャ危機のように「トルコ発の信用不安」が懸念、アメリカとトルコの対立から、トルコリラ安が一気に進む形となったようです。

波及効果とは恐ろしい。

正直全くどいつもこいつもと思いながらも新興国のリスクを目の当たりにしてます。

リスクが見込まれるもを積み立てる時は、日単位で購入していくのがやはり手堅いですね。