毎日温泉に入りたい♨︎

見た物や買った物、投資についてを書いてますヽ(* ॑꒳ ॑* )ノダァーッ!!

【投資】投信の購入金額を全体的に下げました

 

過去の購入金額

私が投資を始めた当初、積立NISAを含めて月額7〜10万円を目安としていました。

投資自体は時間が掛かる為、始めたのが遅いのをリカバる為に少しでも掛金を増やそうといった考えです。

当時極少数の株も所有していましたが、有ってないような物なので早めに売って購入資金の足しにでもしようと思っていました。

これは完全なミスリードなので現在も保有しています。

購入していた理由

しかしここ最近の下落もあり、過去の実績としてリターンが高いアクティブファンドを購入し続けても良いのか疑問に思う事が増えてきました。

かの有名なウォーレン・バフェットも投信を買ってはいけないでもインデックスファンドは可と言っています。

御大はアメリカ経済の成長を信じていたのも大きいですね。

何故かわかりませんが私も潜在的アメリカ経済の成長を信じていて、初めて購入したのはアメリカ株でした(笑)

現在もS&P500は多めに購入しています。

バフェットの言葉

並外れた成功者の調査能力と考えは参考になるのを肝に命じておきたいです。

助っ人に金を払う価値は無い 

投資信託は投資家が資産を増やすために存在するのではなく、ファンドマネージャーや運営会社などが運用成績にかかわらず、手数料などで自分の懐に札束を詰め込むために存在する。

インデックスファンドはOK

インデックスファンドは米国株式や日本株式の市場の価格が長期的に上昇し続ける限りその価格に連動するので、安心して持つことができ、ファンド・マネージャーの手腕や高額な手数料に煩わされることも無い。

 

現在

現在は4.8万まで月の購入金額を減らしました。

年度内を目安に結果を見つつ買いすぎた投信を全て売却し、今後は積立NISA分と1,2個のファンドだけ購入していこうと考えています。

ソーシャルレンディングを始めたので、ある程度纏まったお金で定期運用して行くことを始めました。

また、私がIT従事者のためハイテク株が見やすいので米国ハイテク株を追加購入していこうと思っています。

SNS系はほぼ終焉と言えなくもないですが、サービス系企業名前を挙げるなら

スクエア、スポティファイ、ネットフリックスなど伸びてきた株が多いのと、

Googe、Amazonマイクロソフトなど既存勢力も右肩調子なのでアメリカ経済圏のハイテク関連株はまだ未来が明るそうですね。

【投資】積立投資 毎月と毎日購入どちらにするか

長期間の投資においては基本的にどれを選んでも大差は無いと言われていますが、私は毎日積立にしています。

その理由は下げ相場にあります。

検証元サイトを忘れてしまったのですが、平場や極端な経済影響を受けていない状態であれば毎月や毎年投資の方が数%利益が高かったというのを拝見したことがあります。

これは昨年までであれば2017年日経平均株価が歴史的な上昇を見せたからというのも大きいと思います。

しかし2018年を見ると思っているよりも高頻度に下げ相場がやって来ます。

しかも度々…

 

私自身今年に入って諸々下げるとは思っていなかったためいくつか高値掴みしてしまった株式や投信があります。

こういった後悔から「ドルコスト平均法」を利用する上で極力リスクを排他した形にしたいのです。

そう怖いからですね。

長期投資でリターンに大差がないのであれば、後は本人の感情にしっくりくる方法を選べば良いということになります。

個人的に投資で難しいのは恐怖をいかに感じさせないかだと思っているので、平均値を取りやすい毎日購入を選択しています。

 

ちなみに一時期毎月にしていましたが、月買いにした瞬間トランプ効果で下がったので

選択した商品を比較的安定的に購入できる毎日購入の方が安心だと思っています。

つみたてNISAの場合長い付き合いになるため、毎日購入にして半年かクオーターごとに見直していけば良いと思います。

【投資】海外ハイテク系銘柄のセクター移動

 

2018年9月28日の引け後にセクター大移動が予定されているようで、

「情報技術セクター」から、フェイスブックやグーグルが除外されるそうです。

値段はさておき、アメリカのハイテク株は正直投信を利用するより、直接購入した方が上がると思いますが、既に購入している人などポートフォリオの見直しが必要になる人も相当数いると思います。 

特に投信や海外ETFはセクターの見直し前後で保有銘柄が変わる見込みが考えられます。

除外される部分は情報技術セクターの下位銘柄が買われることになることになるはずで、フェイスブック、グーグルをイメージして投資していた「情報技術セクター」のETFにはこれらの銘柄が含まれ無くなりそうです。

投資対象が新設される新「コミュニケーション・サービス」となるセクターへの投資が必要になるはずなので、そちらを購入しつつ既存のETFなどをどうするかを考える必要がありそうです。

【融資】J.Scoreは正しいのか

engadgetを見ているとやたらと広告で出てくるので、どういった内容のサイトなのか気になって調べてみました。

これはいわゆる消費者金融ですね。横文字付けて金貸しをしようと言うのは中々阿漕かと。

スコア・レンディング

スコア・レンディングというデータや情報だけを、AIで分析しスコア化。
データ量が増えるとスコアの精度が上がるスコアリングモデルを活用し融資条件を決めるサイトがあります。

もともと判定基準が明確に存在する様なものは全部システム化出来るので、

AI(ただの判定条件かもしれません)が仕事を奪ってくれる良い例ですね。

融資審査官という人は要らんかったんやw!


スコアの妙

取り敢えず私自身が試してみたところ点数は751点で貸付利率10%ぐらい極度額140万でした。

下記のサイトだと813点で7.6%極度額100万となっていました。

太鼓判を押しているサイトは全て過去のものなので何となく気づいたのが、間違いなくリリース当時と今現在で点数の判定条件が異なっているのではないかと。

今後も変改していくのかもしれません。

 

広告などで他社と金利比較をしたサイトを見ると金利0.8~12.0%となっていますが

銀行と同様10%を下回ることは低く仮に1000点に到達したとしても0.8になるのだろうか…

もっと言えばこの入力項目で点数1000点いくとは思えないので優良誤認の可能性が高いのではないかと。

 

少し調べてみた

軽く調査してみたところ、このサイトで表示された条件で借り入れ出来るかは別問題の様で、恐らくこれを指標にして再度融資担当が審査をしている様です。

スコアが高くても瞬殺されるケースもあるみたいでした…

本当にこれがなんの為のサイトか考えると、AIを売りにしてる阿漕な消費者金融サイトな気がしてならない限りです。

 

追記

書いてる側から記事が追加されてました。全く関係ないのに何で書いてるんだろうと思ったらスポンサーなんですね(笑)

【日常】椅子選びで失敗した話

私はオカムラのバロンチェアを使っているのですが、私の体格ではこの椅子が小さく非常に困っています。

はっきり言って安い椅子にテンピュールのクッションをつけた方が100倍ましなくらいです。

購入してから4,5年経ちますが、座るたびに「合わないなー」と思っているので

何故合わなかったかを考えると、この椅子を購入した時沢山試座しましたがこの時大きな失敗をしていたのです。

 

購入したお店

当時お店が赤坂にあった為、ここならオカムラショールームも近いし都合が良いなと思い訪れました。

扱っている椅子の種類もまあまあで、オフィスチェアを扱っているという雰囲気のお店。

詳しい話が聴けると言う事を言われていたので期待も込めて訪れました。

入っていきなりベタ張りされたのは印象外でちょっとどうかなと言う感じです。

 

店員さんの知識は凄い

用途に合った選び方や椅子の調整をしてくれたり、仕事としてしっかり勉強していると感心しました。

付かず離れずな所もあり適度な居心地だったと記憶してます。

しかしこれはあくまでカタログスペックの延長線の知識であり、個人の体格からなる椅子の選定ではありません

これが期待と大きく異なっていたのを今になって痛感しています。

 

失敗の経緯

私は縦に大きいタイプの人間なので、長時間家での利用を顧慮して当時コンテッサの購入を考慮していました。

ただ何故かお店でリクライニング機能などを進められて、ヘッドレストとサイドアームのあるものの良さを知り、かつ座面が大き過ぎない方がフィット感が生まれるため、これらを満たしている物を探す事に。

結果として同一メーカーのバロンを購入する事になりました。

そう、当初の想定と異なっているのです。

詳しいと評判だったので専業の人の意見を聴きすぎた結果、自分が当初想定したものと変わってしまい、いざ使い始めたらこれが全くあっていない訳です。

特にお店で座るのと家で座るのでは幾分違いがあるためこの差は思っているより大きいです。

 

結論

椅子を購入するときは椅子そのものに着眼するのではなく、体格を起点に考慮すべきです。

これは整体や体を扱う仕事に近いアプローチをしなければいけないと感じました。

営業トークと同じで店頭に行くと何故か製品の説明をされますが、使うのは人間です。

なので自分は詳しく無いと決めて店頭を訪れるのであれば、自分の体格を考慮した選び方をしてくれる人を探した方がいいです。

製品説明を必死にしてくれる人の意見に耳を傾けても私のようにただの博打になるだけです。

 

お題「わたしの黒歴史」