タオル1枚あれば恐るに足らず♨︎

-peko’s Hatena Blog ⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝ダァーッ!!-

働くモチベーション

この記事が良かった。ちょっと元気をもらった

rascal0403.hatenablog.com

今まさにモチベーションが虚数値になっていて仕事がし辛い、
職場の問題が多すぎるため原因は沢山あるし、
一度下がると良いイベントが発生しないと元に戻らなくなる
なによりモチベーションって「上げろ!」って言われて上がるものじゃいないw
だからモチベーションに縛られた組織環境って相当キツい
そういった環境ほど謎の労動苦自慢な社員がいる

モチベーションって元々アスリートの世界でつかわれる単語、
だからアスリートの目標は常に端的でシンプル"1位になる"とか"自己ベスト更新"とか…
仕事の目標は一つじゃないし、大企業だと数千人規模の組織
同じように"モチベーション"を軸にするのはだんだん辛くなる
ほんとこれ!

企業論理とか個人のアイデンティティとかに引きづられるので自分のやるべきことを最短ルートで行こうとする事すら出来ない
こういったジレンマに苛まれ続けるとモチベーションは下がるし、下降が続けば上がる事もなくなってしまう

記事解法の
・嫌なことは口に出す、ちゃんと同僚に伝える、そして自分で手を動かす
・会社がなくなっても、首になっても生きていく力を身につける
がその通りだなと、特に「自分で手を動かす」これに尽きる
口だけ動かす人は1組織2人とかで良い!
手を動かしたくないなら適切なキャリアを積む。そういった人間を上に上げないと大規模組織は上手くいかない
経験上、上手くいかなくなった組織環境から良いものは生まれてこないなと