毎日温泉に入りたい♨︎

見た物や買った物、投資についてを書いてますヽ(* ॑꒳ ॑* )ノダァーッ!!

阿呆の無駄話に悩まされているので出来る人の雑トーークを思い出す

営業組織にいた時間が長いので、雑談が上手い人達と良く話していた、もう大分昔の事だ…
そんな中でエンジニアが1日中しょーもない無駄話をしてるのを見るとなんだかなーと

そもそも雑談は難しい

例えば営業さんとかだと雑談8割仕事の話2割でもガッツりお客さんから信頼を掴んで受注してる人は多い
それも仕事術の一部だろうと思う、だが良い雑談のチョイスは難しい!
ポイントを挙げるなら、話題選び、話し方、デトックス効果、記憶力この組み合わせだろう

相手が喜ぶ話を選び、それを聞いていて痛快なものに出来るトーク性のものが多かった気がする
もっと言えば相手が望んでいるテーマの雑談を心理的安全性を担保した言い方をする事を心得ていて、それを日常的な会話として実践出来ているということだ

しれっと文章にすると凄い事やってるなと思う
こう考えると自分で面白いと思ってる人の話ほど詰まらないものもない
毎日毎日延々と同じ昔話の愚痴を斜め下の切り口から話されても、聞いてるこっちは苦痛でしかないのも頷ける


結論

大人にならないと駄目
この人と話すと心地良いと思う人がいる、そういう人は配慮をしながら話をしている
そう考えると大人子供の話は本当に雑で詰まらない

自分を律して相手を立たせる
話し上手も大切だけど、聞き上手である事も大切だなと

 

Presented by「瑣末な問題」