毎日温泉に入りたい♨︎

見た物や買った物、投資についてを書いてますヽ(* ॑꒳ ॑* )ノダァーッ!!

技術選定をするとき

自分が技術選定する時に視点にしていたのは
ある一定期間長生きしそうでそれが組織内で取り組めること
息が短いかもなと思えるものは軽量ライブラリなど小さく留める
この場合の長生きは、基本的なアーキテクトに強く結びつくもの
この場合の息が短いは、時代的な環境で変化が齎されるもの

変化の少なそうなものはバックボーンを理解するまで時間がかかるので中々簡単に取っ付けない場合が多かった

戦略が組織を決めるのではなく、戦略に組織を合わせる
組織の出来ることを積み重ねていくことから始めること
という古典的な経営学が生きていた

上手く表現できないなと思っていたら今年2018年のデブサミのt和田さんの資料が凄い的を得ていた流石だなと

技術選定の審美眼 / Understanding the Spiral of Technologies // Speaker Deck

技術選定の審美眼。時代を超えて生き続ける技術と、破壊的な変化をもたらす技術を見極める(前編)。デブサミ2018 - Publickey

技術選定の審美眼。時代を超えて生き続ける技術と、破壊的な変化をもたらす技術を見極める(後編)。デブサミ2018 - Publickey

ちなみに自分の軸はeasy差
過去の経験でもあったが上手く噛み合うと開発に良い勢いをもたらせる

Presented by「瑣末な問題」