毎日温泉に入りたい♨︎

見た物や買った物、投資についてを書いてますヽ(* ॑꒳ ॑* )ノダァーッ!!

postfixでメッセージ送信に失敗した時の設定

postfixを利用していて一時的なエラーが起きた時に良い設定は無いかを調べていた

下記にある通りexit 75を設定しておくと良い

Postfix キューに入った後のコンテンツフィルタ

終了ステータス 75 (EX_TEMPFAIL) で終了してメール配送を遅延、Postfix はメッセージを deferred メールキューに置き後で再び試行

exit 75はメッセージの受信に失敗した場合、sendmailの再配送キューにメッセージを格納する。そのためパイプで渡すと失敗時に機能する

 || exit 75

.forwardに上記を追加しておけば良い

.forward の更新がアトミックな状態である事に注意する

 

失敗してキューに滞留していればキューIDを調べて個別に送信すば良し

  • キューの状態を調べる
  • 再配送を試みる

キューの内容を確認
$ postqueue -p

キューを指定して送信
$ postqueue -i ${queueId}
または全部再配送
$ postqueue -f

 

 Presented by「瑣末な問題」