毎日温泉に入りたい♨︎

-見た物,買った物,体験談を書いてますヽ(* ॑꒳ ॑* )ノダァーッ!!-

「ホウレンソウ」は不要?グーグルが訴える管理職改革

報告・連絡・相談ダァーー\\\\٩( 'ω' )و ////ーーッ!!

興味深い記事なのでまとめ

「ホウレンソウ」は不要 グーグルが訴える管理職改革|出世ナビ|NIKKEI STYLE

自走できるプレイヤーが揃っていることが前提にあるので、手取り足取りフォローする必要がないから余計な業務が無いのだろう

けど確かにその通り、Googleの取組は種々参考になる

そもそもアウトプットの仕方が非常に上手い、それがそのまま情報共有になるといった具合なら報連相など確かに不要

日本のタバコ部屋会議文化とは次元が違うのだろうなと

雑感 

米国主体の企業なのでそれを踏まえて考えると、アメリカ人があまり報告をしない理由は、主に3つあると思う 

  1. 「要求されてもないのに報告をしに行くのは、上司の時間を無駄にする悪い行為」と捉えている。要求されたときにだけ報告に行くのが、気の利く行為。
  2. 「上司に任された仕事は自分一人でやり遂げる」ことを非常に重視する国民性がある。すぐ報告に行って上司の指示を仰ぐのは、無能をさらけ出すようなもの。プロジェクトを任されると、よほどのことがない限り、プロジェクト終了までは報告に来ない。自分の力では立ち行かなくなってしまうと、「エスカレーション」と称して報告がある。
  3. 上司の指示の仕方。指示を詳細かつ明快にする。「〇〇向けの売上を今年度末までに1千万ドルにせよ。そのために経費を100万ドル使ってよい。進捗状況を月に1回メールで報告せよ」といった具合。そのため月1回のメール以外には報告する必要が無い。ちなみに日本人の上司の指示は漠然としている。「〇〇向け売上を増やしたいので、対応して欲しい」くらいの漠然とした指示をしておいて、売上目標額、達成時期などは、プロジェクトの進捗状況を見ながら決めていく。このやり方は、部下が頻繁に報告に来ないと成り立たない。

所感

個人的な考えとして良いチームは心理的安全性が担保されている

そして中長期的に見て良いチームの生産性に勝る個人は存在しない

チーム開発するにあたって大上段的な考えとしてはこれも参考になるかな

Think Big, Start Small, Learn Fast

Presented by「瑣末な問題」