毎日温泉に入りたい♨︎

-見た物,買った物,体験談を書いてますヽ(* ॑꒳ ॑* )ノダァーッ!!-

Bad How To…「one way」方式

働き方

自組織でチーム形態が全く取れていない
客観でも主観でもこの問題はとても大きな課題だと思っているが周りは気づいていない(笑)
現場では開発手法はなくPDCAもない

しいて名前をつけるなら、場当たり、やりっぱなしの「one way」方式というのが1番あっている*1

one way方式だとタスク消化型に近いので情報の全体最適は見込みにくい、情報のアウトプットは個人の出力能力、情報共有能力に激しく依存してしまう

会社の文化なのだろうが、過去の過剰に固執しているくせに

振り返り=過去に戻す

なので何かを行っても決して振り返らない。そのため競合他社のサービスをモックに何かを考えている

ノンポリのパクリで仕事をしているわけだ

ちなみに〇〇しっぱなしは発達障害の症状でもある

副次悪

こういった状態で頼られたいという願望が強い人がいると、その人は情報の出力をしなくなる

理由は決まって面倒くさいからと言うだろう

当事者に都度確認する必要が出てくるので、周りから見るとキーパーソンに見える

その結果本人も頼られる事にドーパミンが出てくるので、尚情報共有しなくなっていく

こういった副次問題もある、まさに癌だ…辞書があれば済む話を人に集約した結果時間を過剰損失する事になる

まとめ

己を知り、チームを知り、相手を知る。そして、そのうえで改善方法を決める!結局はこれ

「QCD」「PDCAサイクル」を取り敢えずやろう、という認識ではやり始めると絶対に上手くいかない

目標の設定を明確にする、話逸らし魔人は邪魔なので排除してしまって良いと思う

定期的にチェックを行いレポーティングする

改善実行したものが、どのような影響をもたらしたかを見える化しておき「回す」というイメージを実現させることを意識する

*1:これに関しては別記事まとめたい