毎日温泉に入りたい♨︎

-見た物,買った物,体験談を書いてますヽ(* ॑꒳ ॑* )ノダァーッ!!-

YouTubeの動画アップについて調べてみた

はじめに

YouTubeに動画をあげようと思って調べた。

YouTubeにはContent IDと呼ばれる著作権保護の仕組みがある。

これはクローラーのようなもので動画の音声と映像部分の一致を確認し、アップした動画が商用利用されているものや、既に同じ動画が上がっていた場合、広告収入を元動画に促したりブロックしたりしている。

恐らく著作権保有者が利用し動画削除の申し立ての補助をできるような機能もあるようだった。

著作権保護(テレビ関係)について

一番手軽でめんどくさいテレビのアップについて調べてみた

基本的に全ての動画が著作権の対象になるわけでは無い!

「著作物の定義」

・テレビ番組で著作物に該当するもの
    映画・ドラマ・音楽

・テレビ番組で著作物に該当しないもの
    事実・事件・報道
    ※ バラエティ番組でのフリートーク

    →事実の報道に該当するので、表現された創作物ではなく著作物ではない。

 

「テレビ動画をYouTubeにアップロードすると…」

・テレビ局側は番組が著作物に該当するか否かに関わらずYouTubeに動画削除を申請する
    → YouTubeは依頼を受け動画削除

・テレビ動画をYouTubeにアップロードすると罰則があるわけではない。

   しかしYouTubeに動画を3回削除されるとアカウント停止となる。

    → 動画を1回削除されただけでも機能が制限される。

    ※ テレビ動画をアップロードすると遅かれ早かれ動画は削除される。

といった感じだった。

少し前はYouTubeでもテレビ番組がそこそこ自由に見れた気がするが、ここ最近激減したのはContent IDの機能強化によるところが大きい。

反転動画や音声変換すらも判別出来るようになってきたため、殆ど申し立て削除されてしまう。

ちなみに音声を無くして左右上下両方反転している画像に関しては判別されないようだ。

著作権意外にも、テレビ番組にはスポンサーがついているので、テレビ局はスポンサーとの関係から動画を削除を行っている。

テレビ局によって削除の温度感が違うような気もした。

個人的にはクリエイティブでも無いししょうがないと思う反面、まだ削除されてない動画はどうやって生き残っているのかが本当に謎だった。