毎日温泉に入りたい♨︎

見た物や買った物、投資についてを書いてますヽ(* ॑꒳ ॑* )ノダァーッ!!

SONYのスマホ事業は相変わらず期待できない…


 

販売台数の減少は大きな課題となっている。その原因として「商品力強化の遅れ」を挙げる。「他社が狭額縁、ディスプレイサイズの拡大、複眼カメラなどを取り入れてきたが、それに対抗する商品を出せなかった。

それな!という感じ、Xperiaはマイナーチェンジナンバリングで商品を水増しているだけで、ユーザーが体感できるほどの抜本的な変更はAndroid OS自体の成長によるところが大きい。

私もXperiaを購入するのを辞めています。

その理由は上記の記事通りと、文末にリンクを張っている粗悪商品販売とそのサービスの悪さによるところでしょうか。

 

だいたい経営課題の解決方法が思いつかない時は「グループの力を集結させて製造・調達・オペレーションを強化していく」

的な事を言うが、案の定同じような話をしていて失笑してしまいました。

おそらく売り上げに関しては一時的なブーストはかかるだろうが、商品戦略の見直しをする時期に来ているように思いますね。

特に過去のXperiaシリーズは私も地雷を踏んでいるが度々不良品が目につく。

過剰な機能はいらないので、安定稼働する適切な商品を提供できるように頑張ってほしいー。

 

スマートフォン事業では「5G時代に向けての新しい顧客価値の創造」を中期ビジョンに掲げる。商品、販売、製造、調達などでソニーグループの資産を活用することで、商品力強化と効率化を両立させ、規模を追わなくても利益を出せる“筋肉質な構造”に変えていく。 

え?大企業ですけど今は筋肉質な構造じゃないの?これが商品力強化の方法なの?
って感じるような内容です。

市場を俯瞰して本質的な課題解決を出来るような発表をして欲しいなと。

 

主題から外れるけど、発表時のパワポのセンスが全く無いなと感じました。

 

Presented by「瑣末な問題」