毎日温泉に入りたい♨︎

見た物や買った物、投資についてを書いてますヽ(* ॑꒳ ॑* )ノダァーッ!!

【日常】椅子選びで失敗した話

私はオカムラのバロンチェアを使っているのですが、私の体格ではこの椅子が小さく非常に困っています。

はっきり言って安い椅子にテンピュールのクッションをつけた方が100倍ましなくらいです。

購入してから4,5年経ちますが、座るたびに「合わないなー」と思っているので

何故合わなかったかを考えると、この椅子を購入した時沢山試座しましたがこの時大きな失敗をしていたのです。

 

購入したお店

当時お店が赤坂にあった為、ここならオカムラショールームも近いし都合が良いなと思い訪れました。

扱っている椅子の種類もまあまあで、オフィスチェアを扱っているという雰囲気のお店。

詳しい話が聴けると言う事を言われていたので期待も込めて訪れました。

入っていきなりベタ張りされたのは印象外でちょっとどうかなと言う感じです。

 

店員さんの知識は凄い

用途に合った選び方や椅子の調整をしてくれたり、仕事としてしっかり勉強していると感心しました。

付かず離れずな所もあり適度な居心地だったと記憶してます。

しかしこれはあくまでカタログスペックの延長線の知識であり、個人の体格からなる椅子の選定ではありません

これが期待と大きく異なっていたのを今になって痛感しています。

 

失敗の経緯

私は縦に大きいタイプの人間なので、長時間家での利用を顧慮して当時コンテッサの購入を考慮していました。

ただ何故かお店でリクライニング機能などを進められて、ヘッドレストとサイドアームのあるものの良さを知り、かつ座面が大き過ぎない方がフィット感が生まれるため、これらを満たしている物を探す事に。

結果として同一メーカーのバロンを購入する事になりました。

そう、当初の想定と異なっているのです。

詳しいと評判だったので専業の人の意見を聴きすぎた結果、自分が当初想定したものと変わってしまい、いざ使い始めたらこれが全くあっていない訳です。

特にお店で座るのと家で座るのでは幾分違いがあるためこの差は思っているより大きいです。

 

結論

椅子を購入するときは椅子そのものに着眼するのではなく、体格を起点に考慮すべきです。

これは整体や体を扱う仕事に近いアプローチをしなければいけないと感じました。

営業トークと同じで店頭に行くと何故か製品の説明をされますが、使うのは人間です。

なので自分は詳しく無いと決めて店頭を訪れるのであれば、自分の体格を考慮した選び方をしてくれる人を探した方がいいです。

製品説明を必死にしてくれる人の意見に耳を傾けても私のようにただの博打になるだけです。

 

お題「わたしの黒歴史」